東芝ダイレクト dynabook AZ15/C

販売終了モデル

東芝ダイレクト dynabook AZ15/Cの特徴

dynabook AZ15/Cは東芝ダイレクトの15.6インチノートパソコンの中でもエントリーグレードのモデルで、他のモデルよりも安く購入できるのが魅力的なノートパソコンです。

ベーシックな性能

基本スペックはCeleronプロセッサー 3865Uという2コア1.80GHzの省エネ設計のCPUと、4GBメモリ、750GB HDDという構成でディスプレイは標準的な1366×768ドットのHD液晶が搭載されたベーシックな性能のモデルとなっています。

処理速度は速いとは言えないですが、インターネットやWord、Excelといった日常の使用でしたら十分使える性能となっています。

カスタマイズは出来きず、Officeソフトはあり・なしが選べるようになっています。

持ち運び性能は高め

本体は重量2.3kg、厚さ23.9mmで15.6インチのノートパソコンとしては薄くて軽いモデルとなっていますので、外出先に持ち運ぶ機会のある15.6インチとしては良いモデルだと思います。バッテリー駆動時間も最大約8時間と長時間使用できるので、外出先での電源問題も気にしなくて済みそうです。

長く使える堅牢性

エントリーグレードと言っても、品質には手を抜いておらず、しっかりとした耐久性のテストや壊れにくい構造のHDDな採用して毎日使うノートパソコンを長く愛用できるように工夫されているのもdynabookの魅力です。

購入後すぐに使えるプリインストールソフト

dynabookシリーズには、動画像の編集ソフトや各種プレイヤー、セキュリティソフトなど普段使いたいソフトがあらかじめインストールされていますので、届いたその日からすぐに使い始められるのも便利な点で、使いたいソフトを自分でインストール必要がありません。

オプションのOfficeを付ければWordやExcelなどもインストールされていますので、簡単に使い始めることができます。

こんな人におすすめ!

他メーカーのCeleronプロセッサーを搭載した15.6インチノートパソコンと比較するとやや高めの価格となっていますが、デザインの良さや日本の大手メーカーの東芝製という安心感とプリンストールソフトが充実している点が魅力的なモデルだと感じます。

処理性能はそれほど高くありませんので、「インターネットやOfficeソフトぐらいしか使わない」、「速さにはこだわらない」という方におすすめのモデルです。

さらに高級感のあるデザインや機能性を求める方には「東芝ダイレクト dynabok AZ25/C 2017年春モデル」がおすすめです。

商品の詳細はこちら⇒dynabook AZ15/CB Webオリジナル 型番:PAZ15CB-SNA

東芝ダイレクト dynabook AZ15/Cのスペック

機種名 AZ15/C 2017春 Webモデル ブラック
価格 106,000円~ (税別) 会員になるとプライスダウン!
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Celeron プロセッサー 3865U
メモリ 4GB
ストレージ 750GB HDD
ディスプレイ 15.6型 HD TFTカラー LED液晶 1366×768ドット
グラフィックス インテル HD グラフィックス 610
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
バッテリー駆動時間 約8.0時間
質量 約2.3kg
Office なし

※表示されておりますスペック・価格につきましては記事掲載当時の情報となります。
最新の情報は公式サイトにてご確認をお願いいたします。

商品の詳細はこちら⇒dynabook AZ15/CB Webオリジナル 型番:PAZ15CB-SNA

« »