GeForce GTX1060グラフィックスを搭載した15.6インチのゲーミングノートPCを比較してみよう!

比較記事

ゲーミングノートパソコンの中でも一番の売れ筋商品だとおもわれるGeForce GTX1060グラフィックスを搭載した15.6インチのゲーミングノートパソコンを比較してみましょう!

このクラスのモデルは高性能なグラフィックスのわりに価格も安く、本体もスリムなモデルが多いので、持ち運びも可能な点が魅力的な点です。

15.6インチのゲーミングノートPC一覧」を見ても各社のラインナップが一番多いことから、売れ筋のゲーミングノートパソコンであることがわかります。

GeForce GTX1060グラフィックスを搭載した15.6インチゲーミングノート一覧表

さっそく一覧表にまとめてみましょう。
表の記載は記事作成時の2017年2月15日現在のスペックと価格となります。

機種名 パソコン工房
LEVEL-15FX092シリーズ

icon
icon
マウスコンピューター
NEXTGEAR-NOTE i5530シリーズ

iconicon
パソコン工房
LEVEL-15QX092シリーズ

iconicon
ドスパラ
GALLERIA GKF1060GF

DELL (デル) NEW ALIENWARE 15
_mg_2653
価格 147,980円~
(税別)
149,800円~
(税別)
165,980円~
(税別)
169,980円~
(税別)
179,980円~
(税別)
OS Windows 10 Home 64bit
CPU インテル Core i7-6700HQプロセッサー インテル Core i7-7700HQプロセッサー
メモリ 8GB DDR4 8GB DDR4 8GB DDR4  8GB DDR4 8GB DDR4
ストレージ 240GB SSD 500GB HDD 250GB SSD + 1TB HDD 180GB M.2 SSD
光学ドライブ 光学ドライブ非搭載 DVDスーパーマルチドライブ 光学ドライブ非搭載
ディスプレイ 15.6インチ フルHD 15.6インチ フルHD ノングレア IPS液晶  15.6インチ4KウルトラHD 非光沢 15.6インチ フルHD 非光沢 15.6インチ フルHD IPS 非光沢 G-Sync付き
グラフィックス NVIDIA(R) GeForce GTX 1060 6GB
重量 約2.84kg 約2.7kg 約2.81kg 約2.35kg 約3.49kg
バッテリー駆動時間 約4.7時間 最大5.7時間 約3.4時間 約2.7時間 記載なし
メーカーページ Lev-15FX092-i7-RNES [Windows 10 Home]icon マウスコンピューター NEXTGEARE-NOTE i5530シリーズicon Lev-15QX092-i7-RNES [Windows 10 Home]icon ドスパラ GALLERIA GKF1060GF New ALIENWARE 15ゲーミングノート(2016/9/23発売)

※メーカー公式サイトの情報をもとに掲載しています。

価格と基本スペックで比較

ゲーミングノートパソコンで一番気になるところはスペックと価格のバランスですね。上記5機種はそれぞれ複数のラインナップが用意されていて、CPUやストレージが違うモデルがありますが、なるべく同等のスペックとなるモデルで比較しました。そして左側から価格の安い順に並べています。

各モデルの違いのひとつはCPUです。「パソコン工房LEVEL-15FX092」と「マウスコンピューター NEXTGEAR-NOTE i5530」、「パソコン工房 LEVEL-15QX092」は第6世代のインテル Core i7-6700HQプロセッサーを搭載し、「ドスパラ GALLERIA GKF1060GF」と「DELL ALIENWARE 15」はサーか、最新の第7世代のインテル Core i7-7700HQプロセッサーを搭載しています。どちらも4コア/8スレッドで、動作周波数はCore i7-6700HQが2.60GHz-最大3.50GHz、Core i7-7700HQプロセッサーが2.80GHz-最大3.80GHzですので、Core i7-7700HQプロセッサーの方が性能は高いと言えますが、どちらも高性能ですのでゲームをする上ではそれほの差は出ないと思います。

メモリは5機種とも同じ8GB、ストレージはパソコン工房 LEVEL-15QX092がHDD、それ以外のモデルではSSDが搭載されています。

ディスプレイはそれぞれ違いがあり、フルHD画質の液晶とフルHD画質のIPS液晶、そして超高解像度の4K液晶がラインナップされています。また「DELL ALIENWARE 15」ではカクつきを抑えた滑らかな映像になるG-syncテクノロジーに対応しています。

グラフィックスはもちろん同じNVIDIA GeForce GTX1060グラフィックスで、たいていの3Dゲームを快適に楽しむことができる性能となっています。

価格と性能のバランスのコストパフォーマンスで選ぶなら価格が安くてIPS液晶を搭載した「マウスコンピューター NEXTGEAR-NOTE i5530シリーズ」が良いと思います。

デザインや機能で比較

今回比較した5機種はそれぞれ個性のあるモデルで、ゲームを快適に楽しめるスペックをとても安い価格で販売しているモデルや、4K液晶を搭載して画質を高めたモデル、イルミネーションを搭載してゲーミングPCらしいデザインとしたものなどがあります。ここではスペック以外のことについて調べてみました。

パソコン工房 LEVEL-15FX092、パソコン工房 LEVEL-15QX092シリーズ

この2機種は同じパソコン工房のゲーミングノートパソコンでLEVEL-15QX092シリーズは4K画質のディスプレイを搭載しています。シンプルなデザインとコストパフォーマンスの高さが魅力的なモデルという印象です。

新規格のUSB3.1 Type-Cポートを搭載しています。

マウスコンピューター NEXTGEAR-NOTE i5530シリーズ

NEXTGEAR-NOTE i5530シリーズはIPS液晶を搭載している画質の綺麗なモデルです。こちらもブラックを基調としたシンプルなデザインとなっています。

キーボードには白色のLEDバックライトを搭載しています。そしてゲーム中にWinキーの有効・無効や内蔵ファンの速度設定、ヘッドフォンの出力設定などをワンタッチで変更できるアプリケーションがあるそうです。

ドスパラ GALLERIA GKF1060GF

GALLERIA GKF1060GFは今回比較した5機種の中で唯一、光学ドライブを搭載したモデルで、DVDなどを使いたい人はGALLERIA GKF1060GF以外の機種を選んだ場合、外付けドライブを別で用意するい必要があります。

ストレージがSSDとHDDの両搭載となっていますので、レスポンスが良くデータ保存容量も多いので、動画や写真などのデータを保存しておきたい方にはとてもおすすめの構成となっています。

キーボードにはカラーバックライトが搭載されていて内蔵のソフトで変更可能となっています。ネットワークの遅延をスクアンクするためにKiller E2400という有線Gigabit-LANを搭載しているほか、USB3.1 Type-Cポートに対応している。

DELL ALIENWARE 15

DELL ALIENWARE 15は独特のデザインと筐体にフルカラーイルミネーションが特徴的です。キーボードもカラーバックライトが搭載されていて、専用のアプリケーションを使ってカラーや点灯方法などをカスタマイズすることができます。

またALIENWARE 15のキーボードはNキーロールオーバーに対応していることやマクロキーなども搭載されているなどゲームをより快適に楽しめる機能がたくさんあります。

インターフェイスはKiller E2400の有線LANの他、USB3.1 Type-Cポート、Thunderbolt 3に対応しています。

ディスプレイはG-Syncに対応した標準搭載のIPSディスプレイのほか、IPSではありませんが、G-sync対応で120Hzのリフレッシュレートに対応したディスプレイも選択可能となっているのは非常に魅力的です。グラフィックスもカスタマイズでGeForce GTX1070グラフィックスを搭載可能となっています。

まとめ

メーカーページのスペック表などで比較しましたので、スペック表に載っていない機能などは反映されていませんが、それぞれ個性的なモデルがそろっていて、価格差も3万円ほどありますので選ぶのはとても難しいですが、光学ドライブとストレージの使い勝手では「ドスパラ GALLERIA GKF1060GF」が、コストパフォーマンスとディスプレイのきれいさなら「マウスコンピューター NEXTGEAR-NOTE i5530」が良さそうです。また、ゲームパソコンらしいデザインやキーボードの使い勝手などで選ぶなら「DELL ALIENWARE 15」はとても良いと思いモデルだと思います。

今一度、使い方や予算などを考えて決めてみてはいかがでしょうか?

 

 

« »