【実機レビュー】 DELL Inspiron 15 7000 2 in 1

販売終了モデル

_mg_2233

ディスプレイを360度回転させて、タブレットとしても使うことが出来るのが特徴的な、15.6インチの2 in 1ノートPCのDELL Inspiron 15 7000 2 in 1です。実機レビューをしましたので合わせてご覧ください

DELL Inspiron 15 7000 2 in 1のレビュー

商品の詳細はこちら⇒New Inspiron 15 7000シリーズ 2-in-1(2016/6/3発売)

DELL Inspiron 15 7000 2 in 1の外観の特徴

【デザイン】

_mg_2205

ボディはヘアライン加工を施したアルミ素材を用いたシンプルですが高級感のある印象を受けます。

_mg_2211

ヘアライン加工はアップで見るとこんな感じの模様です。

_mg_2210

トップカバーの真ん中にはDELLのロゴがあしらわれています。

_mg_2276

底面もアルミ素材ですがこちらにはヘアライン加工は施されておりません。
しっかりとした棒状のゴム足が前後に配置されていて、滑りを防止してくれています。

_mg_2214

本体のエッジ部分にはダイヤモンドカットデザインとなっていてこちらも高級感を演出しています。

_mg_2257

ちょっと写真では分かりづらいかもしれませんが、タッチパッドの手前は少し「くぼみ」があって手首への負担をへらしてくれる工夫がされています。

_mg_2284

キーボード面はシームレスなデザインでキーボードが本当に浮石のようになっている特徴的なキーボードです。

_mg_2271

こんな風に使う人はいないと思いますが、ディスプレイが360度回転しますのでこんな形にすることもできます。

_mg_2263

ディスプレイを回転させればタブレットのように使うことが出来るようになっています。

15.6インチの大画面で重量もそこそこありますので、「片手で持って片手で操作」という感じ使うことは難しいです。

ディスプレイの表面も光沢使用で360度まで折り返してしまうと映り込みもあり、ディスプレイが見づらくなってしまうこともありますので、置いて使うなら上の写真ぐらいの角度までが実用範囲のように感じます。

_mg_2254

キーボード面にはキーボード保護用と思われるゴムが4か所に搭載されています。

ディスプレイを回転させたときには自動でキーボード入力が無効になりますので、誤動作の心配はありません。

【キーボード&タッチパッド】

_mg_2223

キーボードは従来からすこし配列が変わっていますが、おおむね標準的な配列のテンキーなしのキーボードが搭載されています。スリムさを求めいるためストロークも短めですが、慣れてしまえば特に打ちづらいといったこともなく普通に使えるキーボードです。

_mg_2227

そして、キーボードにはバックライトが搭載されています。やや薄暗いシーンなどでも視認性が良く見やすいキーボードです。

_mg_2218

タッチパッドは大きめでボタンが一体型のタイプが搭載されています。操作はしやすく、大きめですがタイピング中に誤タッチしてしまうこともありませんでした。

また、タッチパッドのまわりにもダイヤモンドカット加工が施されています。

【インターフェイス】

_mg_2238

インターフェイスは右側面にはUSBポート、SDカードスロットが搭載されています。手前のボタンは電源ボタンでその奥の長細いボタンは音量調整ボタンとなっています。

_mg_2250

左側面は奥から電源ポート、miniDisplayPort、HDMI、USBポート、音声入出力コンボジャックとなっています。

光学ドライブも搭載されていませんし、標準的な15.6インチのノートパソコンと比較するとやや少なめのインターフェイスとなっていますが、持ち運び性を重視しているために仕方がない部分だと思います。

_mg_2294

このモデルうれしいポイントは電源アダプターのスリムさです。コンセントからアダプターまでのコードはあいかわらず太いものの、通常よりもコンパクトな電源アダプターが採用されていますので、持ち運びにも便利です。

DELL Inspiron 15 7000 2 in 1の性能のレビュー

ここからは機能面のレビューをしていきたいと思います。

【レビュー機のスペック】

まずはレビュー機のスペックです。

機種名 DELL Inspiron 15 7000 2 in 1
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Core i5-6200Uプロセッサー
メモリ
8GB DDR4 2133MHz
ストレージ 256GB M.2 SSD
ディスプレイ 15.6インチ 4K Ultra HD (3840 x 2160) InfinityEdge タッチ, スライバー
グラフィックス インテル HD グラフィックス 520
光学ドライブ なし
質量 約2.18kg
バッテリー駆動時間 記載なし

商品の詳細はこちら⇒New Inspiron 15 7000シリーズ 2-in-1(2016/6/3発売)

【ベンチマークテスト】

そしてパソコンの性能を数値化してわかりやすくするためにいくつかのベンチマークテストを行いました。

WINSCORESHARE

winscoreshare

パソコンのそれぞれのパーツのグレードを数値化したWINSCORESHAREでは平均で「6」という結果でした。
なかでも256GBのSSDの数値がやはり高いですね。

CryStalDiskMark

crystaldiskmark

そのM.2 SSDの読み書き速度の速さを計測するCrystalDiskMarkでは非常に速いスピードを記録しています。

CINEBENCH

cinebench

CPUの処理性能を計測するCINEBENCHのスコアはご覧の通りです。こちらはCPUなりのスコアです。

PCMark 8

pcmark

PCMark 8では日常の使用を想定したテストHome accelerated 3.0で「1952」というスコアでした。

3Dmark

3dmark

グラフィックチップはCPU内蔵のインテルHDグラフィックス520なので良いスコアは出ないのですが一応計測しておきました。

性能面としてはM.2 SSDの読み書き速度が非常に速い為、パソコン自体の体感速度はとても早くてサクサクとした軽快な動作でパソコンを楽しむことが出来る性能となっています。外出先で軽快に使うためには十分な性能だと思います。

DELL(デル) Inspiron 15 7000 シリーズ 2 in 1 のラインナップ

Inspiron 15 7000 2 in 1の現在のラインナップです。SSDの容量の違いとOfficeソフトの有無でラインナップが用意されています。

こちらのモデルではカスタマイズ幅はあまりなく、付属ソフトウェアや保証期間や保証方法などの選択ぐらいとなっています。

機種名 New Inspiron 15
7000シリーズ 2-in-1
プレミアム・フルHDタッチパネル(256GB SSD搭載)
New Inspiron 15
7000シリーズ 2-in-1
プレミアム・フルHDタッチパネル・Office付(256GB SSD搭載)
New Inspiron 15
7000シリーズ 2-in-1
プラチナ・フルHDタッチパネル(512GB SSD搭載)
New Inspiron 15
7000シリーズ 2-in-1
プラチナ・フルHDタッチパネル・Office付(512GB SSD搭載)
価格 99,980円~
(税抜)
114,980円~
(税抜)
124,980円~
(税抜)
134,980円~
(税抜)
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル® Core™ i5-6200U インテル® Core™ i7-6500U
メモリ 8GB DDR3L 2133MHz 12GB DDR3L 2133MHz
ストレージ 256GB SSD 512GB SSD
ディスプレイ 15.6-インチ FHD (1920 x 1080)Truelife LED-バックライト タッチ ディスプレイ Wide Viewing Angles-IR カメラ付き
グラフィックス インテル HD グラフィックス 520
光学ドライブ 光学ドライブなし
ワイヤレス 802.11ac + Bluetooth 4.0, デュアルバンド 2.4&5 GHz, 1×1
重量 最小重量 2.18Kg
バッテリー駆動時間 最大8時間15分 最大7時間
Office Microsoft® Office Personal Premium (日本語) MPI カード Microsoft® Office Personal Premium (日本語) MPI カード

※商品情報はできるだけ最新の情報を掲載するよう心がけておりますが、現在の情報と違う場合もございますので、メーカー公式ページにてご確認をお願いします。

DELL Inspiron 15 7000 2 in 1のレビュー まとめ

まずアルミ素材が使用された高級感のあるデザインや、搭載されているスペックと画質や色合いのとても綺麗なタッチパネル搭載のフルHD液晶、バックライト付きのキーボードなどの性能を搭載していながら10万円以内で購入出来てしまう価格設定がとても魅力的ではないかと思います。

ディスプレイが360度回転するのですが重量がそこそこありますので折り返してもタブレットのように気軽に手にもって使うことが出来ませんので、2 in 1機能については使いどころを選ぶ感じがしますが、タッチパネルは本当に便利で普段の操作でもマウスより便利な場面は多々ありました。

光学ドライブが搭載されていない点とストレージがSSDなので容量が少な目な点は注意が必要かもしれませんが、本体はとてもスリムで、電源アダプターもコンパクトなものが採用されていますので鞄の中には入れやすく、外出先でも大画面のパソコンで作業したい方にはとてもおすすめのモデルだと思います。

商品の詳細はこちら⇒New Inspiron 15 7000シリーズ 2-in-1(2016/6/3発売)


最終更新日:2016.10.12

« »