レビュー ドスパラ Note Galleria QF655

qf655 005

レビュー機のスペック

機種名 ドスパラ Note Galleria QF655
価格 89,980円(現行商品の価格)
OS Windows 7 Home Premium 64ビット
CPU インテル Core i7-3610QM (現行商品はi7-3630QM)
メモリ 8GB PC3-12800
ストレージ 1TB HDD
光学ドライブ DVDスーパーマルチ
ディスプレイ 15.6インチ フルHD 非光沢液晶(1920×1080)
グラフィックス NVIDIA GeForce GT650M
重量 約2.4kg

※価格・スペックについては、記事作成時の情報となりますので、
最新の情報と異なる場合がございますので、ご購入時にはメーカーサイトにてご確認ください。

商品の詳細はこちら⇒ドスパラ Note Galleria QF655

ドスパラ Note Galleria QF655の特徴

製品の仕様やラインナップについては「Note Galleria QF655の商品ページ」で記載していますので、そちらをご覧ください。

こちらでは、実際の使用感などをメインに書いていきたいと思います。

【デザイン】

qf655 001

デザインはシルバーを基調としたデザインです。アルミ素材かと思いきやアルミ風のデザインのプラスティック製の筺体となっていました。質感としてはややチープな感じが否めません。パームレストも同様の材質、デザインでした。

qf655 002

ディスプレイの開き具合は標準的でした。使用中に気になるようなことは特にありません。

【処理速度とグラフィックス】

qf655 エクスペリエンスインディックス

Core i7とNVIDIA GeForce GT650Mが搭載されていますので、エクスペリエンスインディックスのスコアは非常に高く、プロセッサからゲーム用グラフィックスまでの4項目で7以上のスコアとなっています。プライマリハードディスクは標準的なHDDが搭載されていますので、数値は5.9と標準的です。

qf655 crystaldisk

HDDの読み書きの速度をCrystaldiskMarkを使って測ってみました。
スコアは標準的な数値となっています。

qf655 PCMark7

エクスペリエンスインディックスのスコアが高いので、PCMark7というノートパソコンの総合的な性能を測るベンチマークソフトでも高いスコアが出ると期待していましたが、「2610」とそれほど高くないスコアとなっていました。

PCMark7で高いスコアが出るノートパソコンの傾向としては、ストレージにSSDが搭載されているモデルが比較的高くなっているようです。
プライマリディスクをSSDにすればそれだけノートパソコンのレスポンスが向上するということですね。

BF3

Galleriaシリーズはドスパラのゲームパソコンブランドですので実際に「BattleField3」というゲームをプレイしてみました。今回は「Battlefield3」のシングルプレイモードで試しています。
ドスパラのNote Galleria QF655はドスパラのゲームパソコンの中では、スペックはそれほど高くありませんでしたが、見事にプレイすることができました。ビデオ設定は自動でしたので、細かい設定は上画像の通りです。さすがに最高画質でプレイすることは無理なようでした。

ゲーム中のFPSを計測するソフト「Fraps」というソフトで計測したところ、上記のビデオ設定では40fps前後、ビデオ設定を低にすると50fpsぐらい出てました。テクスチャの画質などにこだわらなければ快適とまではいえないかもしれませんが、十分プレイできるレベルといえるでしょう。
ただ、今回はこのゲームだけを起動してのプレイとなりますので、実際にskypeなどで通話しながらのプレイやマルチプレイなどでは、この通りではないかもしれません。

【ディスプレイ】

Note Galleria QF655に搭載されているディスプレイは15.6インチ フルHD非光沢液晶となっています。ディスプレイの解像度は1920×1080です。

主にゲームや動画鑑賞などに使うなら光沢液晶の方が発色がよく見えるためおすすめですが、非光沢液晶は目に優しいという利点がありますので、長時間使う方にはおすすめの液晶です。

15.6インチのディスプレイサイズにフルHD(1920×1080)の解像度ですと、表示範囲がとても広くなる半面文字が小さくなってしまいます。ただ、ブラウザなどである程度文字の大きさは調整することができますので心配はいりません。

【拡張性とインターフェイス】

qf655 004

左側面から、電源ポート、USB2.0、HDMI、USB3.0×2、音声入出力

qf655 003

右側は有線LAN、D-Sub、USB2.0、DVDドライブとなっています。

qf655 011

前はスピーカーとSDカードスロットを搭載しています。

インターフェイスは15.6インチタイプのノートパソコンでは標準的な装備です。クーラーのヒートシンクが広くて、よく冷えそうです。

qf655 020

底面は、ネジによって簡単にアクセスすることが出来そうです。HDDの交換やメモリの増設なども、比較的やりやすいのではないでしょうか?

【キーボードとタッチパッド】

qf655 007

キーボードは一見テンキー付きのキーボードで、使い勝手はよさそうですが、

qf655 009

良く見ると、右手側のキーの一部のキーが狭くなっています。
ちょっと使いづらいキーボードであると感じてしまいます。特に右下の記号キーのタイプミスが多くなります。
タイピングメインで使いたい人には向かないキーボードだと感じます。

qf655 008

タッチパッドは表面がザラザラしていて、滑りが良くなるようになっています。滑りもよく感度もよいので操作はしやすいです。
クリックボタンもタッチパッドとは別になっているので押しやすいです。左と右が分かれていればもっと良かったと思います。

qf655 010

タイピング中に触れてしまって、カーソルが飛んでしまうことを防ぐために、ワンタッチでタッチパッドを無効にすることが出来るボタンがついています。マウスを使用するときにも便利な機能です。

qf655 006

電源ボタンの横にはいくつかのショートカットボタンがついています。
便利なのは、真ん中にあるファンのボタンなのですが、これをONにするとファンがフルパワーで回ります。ファンの音が結構大きくなりますが、ゲームなどCPUに負荷のかかるときには忘れずに回しておきたいです。

他にも、ディスクトレイを開けるボタンや無線LANなどのショートカットボタンがあります。

【ACアダプター】

qf655 012

ハイスペックノートパソコンとなりますので、ACアダプターは大きめです。
重量も654gとACアダプターの中ではかなり重たいと言えます。

qf655 013

重さだけでなく、大きさも大きく本体と並べるとその大きさがわかっていただけると思います。

qf655 014

電源は左側に入りますので、マウスを使ったときにもケーブルが邪魔になることはなさそうです。
これは、思っているより便利です。

ドスパラ Note Galleria QF655 まとめ

Core i7やGeForce GT650Mなどを搭載しHDDも1TBと非常に高いスペックのノートパソコンで、もちろんメインPCとして使うことが出来る素晴らしいモデルです。
ゲーム用のノートパソコンとしても十分使える性能で、価格も9万円弱で購入できるのはうれしいところです。

持ち運びという点では、本体重量は同じ15.6インチと比較してもそれほど重くない約2.4kgほどですがACアダプターが大きめなので、車での移動がメインの方でしたら可能ですが、電車や徒歩などの移動では厳しいかもしれません。

お仕事やレポート作成などタイピングを多様される方は、キーボードの右側にピッチが狭くなっているので、使いづらいと感じることもあると思いますが、ゲームメインで使おうと考えている方には非常におすすめのモデルです。

ご購入はこちら⇒ドスパラ Note Galleria QF655

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする